私は、先日、永く会っていなかった韓国人の友人と久しぶりに再会して、夕飯を一緒に食べました。その時の思い出が、とても印象深いので、書きたいと思います。その友人とは、4年前に、韓国のソウルで出会いました。私はメーカーの海外営業をしているのですが、かれは、取引先のお客さんでした。打ち合わせなどをする内に、意気投合して、すぐに仲良くなりました。プライベートでも会うようになり、彼が日本に来た時にも、夕飯を一緒に食べました。仕事のこと以外にも家庭のことや趣味のことなど、いつも話が弾みます。彼はジャズピアノを演奏するのが趣味で、私はジャズトランペットを演奏するのが趣味で、お互いに共通の趣味があるのもとても楽しいです。私は、韓国人の友人は彼だけですが、韓国人はとても親切で優しいと感じました。日本と韓国の間には色々な問題もありますが、お互いの文化を尊重し合い、国同士も仲良くやっていければ良いと思います。これからも、この友人と良い友達でいたいと思います。http://www.allembassyonline.com

7月、夏時期の大暑というのに前日からの涼しい気温、春仕様のインナーを一枚としているスタイルとしては、涼しいというより夏の最低気温。
先月から気象の専門サイトのようなページで1カ月予報チェック、この時も30℃以内の日が多いというので感心していましたが、意外と感じた予報はジャストでした。

連休明けから翌週の天気を見てもつゆ時期は月曜や火曜で明けそうにない、あるとすれば月末時期の30日頃かな、これも一時雨という様なマークもある。
6月のつゆ時期は順調と思ったのだけれど、2016年もある意味で不順な気象状況、晴れる日もあるのでいいけれどこの天気に気分がすっきりしない。

大暑という時期は例年暑さと気温が増して夏のピークという季節のはず、暦での目安から外の様子を眺めれば夜から朝、午前中と結構なよい降りになっている。
気温は夏というと降っても30℃前後になったりしますが、週末大暑のこの日は23℃が最高気温という、涼しいけれど夏という感じがしないですね。
例年ならば夏、夏というピークであるのに、季節らしさと落着くのは8月だろうか、初旬はもう立秋と言うのに。陰部のムダ毛が多いと言われvio脱毛を決意しました

最近私の部屋は湿気っています。いったいなんでこんなに湿度が高いのかと思ったら、このところ雨ばかりでしたねそういえば。もう布団で寝ていてもなんだか湿っぽいし、体は暑くてべたべたするしで、部屋で寝ていても全然休まりません。そして一番最悪なのはカビです。カビが生えていたんです。

別にその辺にカビが生えていてもふきとればいいのですが、なんとお気に入りの革のカバンにうっすらとカビが!最悪です。ずっと使っていたのに。しかも革に生えてしまったカビというのはなかなか取り除けないらしいのです…。一度拭いて落としても、中にまだ残っているからまた湿っぽい日が続くとそこからカビが生えてきてしまうんです。

なのでしかたなくお店でカビを根元からしっかり除去できるスプレーを買ってきました。結構高い値段でした。でもこれでお気に入りのカバンが復活するならまあしょうがないかなという感じです。それにしても早く雨のない季節になってほしいです。ヒゲ永久脱毛|副作用や施術にかかる金額@ヒゲの脱毛が人気の理由

8月のカレンダーを何気なく見ていたら・・・。
ん?なんで11日が赤くなってるの?と、不思議になる私。
間違ったのかしらとよく見てみると、小さな字で「山の日」と書いてあるではありませんか。
と、私、ここで初めて「山の日」の存在を知りました。

近くにいた家族に「山の日、知ってた?」と聞くと、知ってたとのこと。
そんなに話題になったかしら。
早速Wikipediaで山の日を調べたら、この祝日の趣旨としては
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」のだそうです。
ただ、お盆休みにかぶせただけなのかと思いましたが、ちゃんと趣旨があるのですね。

サービス業に勤める私としては、ただでさえ忙しいお盆期間が1日プラスされたってことなので、
ただただ、ありがた迷惑な祝日です。
でも、休みが増えたことで経済も潤いますし、喜ぶ方もいるわけですから、
そんなことを言ってはいけませんね。

海の日と山の日があるなら、川の日も・・・
いつかできるような気がします。口コミによれば美顔コースは小顔になれると評判です

 人狼ゲームという会話型ゲームを知っているだろうか?
 端的にルールを説明すると、このゲームは村人の中に紛れた狼を追放していくゲームだ。とても単純明快である。
 このゲームの醍醐味は、どれだけ自分が正しいことを言っても相手に信じてもらえないという残酷さを体験できるところにある。自分の考えを正確に伝えることは難しい。自分の考えを相手に共感してもらうことは難しい。違う考え方をしている人間を説得することはもっと難しい。
 そして、相手を説得するために必要な要素は、正しさではなくそれっぽく見える理屈としゃべり方だ。自分が正しいんだと押し付けるような話し方では、対立している相手はより反発してしまう。それよりも、相手の意見も認めたうえで、自分が用意したそれっぽい正しさを伝えることで、初めて相手を説得することができる。
 相手を説得するために必要なのは、「正しい意見」ではない。絶対に。
 人狼ゲームは、そんな理不尽を教えてくれるすばらしいゲームだ。相手を説得するコツをゲームを通して学ぶことができる。みなさんも一度やってみてはどうですか?