人狼ゲームという会話型ゲームを知っているだろうか?
 端的にルールを説明すると、このゲームは村人の中に紛れた狼を追放していくゲームだ。とても単純明快である。
 このゲームの醍醐味は、どれだけ自分が正しいことを言っても相手に信じてもらえないという残酷さを体験できるところにある。自分の考えを正確に伝えることは難しい。自分の考えを相手に共感してもらうことは難しい。違う考え方をしている人間を説得することはもっと難しい。
 そして、相手を説得するために必要な要素は、正しさではなくそれっぽく見える理屈としゃべり方だ。自分が正しいんだと押し付けるような話し方では、対立している相手はより反発してしまう。それよりも、相手の意見も認めたうえで、自分が用意したそれっぽい正しさを伝えることで、初めて相手を説得することができる。
 相手を説得するために必要なのは、「正しい意見」ではない。絶対に。
 人狼ゲームは、そんな理不尽を教えてくれるすばらしいゲームだ。相手を説得するコツをゲームを通して学ぶことができる。みなさんも一度やってみてはどうですか?